洗心学園絵日記

さくら組電車に乗って遠足へ

2010/05/21

一人一人きっぷを買って得意げ!!
わくわく どきどき森林公園へ出発だ!! 公共のマナーを勉強?しつつ、初体験の車窓はきらきら輝いていました。
鍋島駅の駅長さんや、優しく見守ってくれたお客さんたち、ありがとうございました。

 

 森林公園では、何故か沢山のカラスのお出迎え!!
「みんな カラスにお弁当を取られないように、きおつけんばよう!」と、副園長・・・・・・。
本日の連絡帳には、「副園長先生 カラスにおやつ取られんさったといってましたよ・・?」の爆笑報告が・・ 面目ない!!反省 反省

きっとカラスもあの時、「多くの命と副園長の御蔭によりこの御馳走を・・・・」と言ったかどうかは、定かではありませんが、私のポテチを食べてご満悦だったことでしょう。

落ち込む私に「先生ぼくが分けてあげるけん!」 「先生これ食べんね」と、あったかい差し入れに、カラスの悪事にも温情がでました。

時々小雨が降ったりでしたが、広場中元気な声が響き渡り帰りのバスも大賑わい「楽しかったー また行きたい!」に、思い切って出かけて良かったです。

 

 写真を楽しみにされていたと思いますが、プリントしてメモリーを削除してしまいましたので、先は長いですが、卒園アルバムをお楽しみにしていて下さい。

大立寺幼稚園

職員研修を通して

2010/05/18

 保護者の皆様、昨日の研修へのご協力ありがとうございました。

吉牟田先生のご協力・ご指導のもと、以上児職員研修を、終えることができました。

 

 22年度は研修テーマを、「言葉」・言葉掛けについてとし連続研修を、行いたいとおもいます。
言葉は、人と人を結ぶ大切なコミュニケーションツールどんなにメディアが発展しても、言葉を大切にしていきたい。

特に、幼児教育の現場は、メディア漬けになりがちな子どもたちを、園生活の中でだけでもまもることを・・!確約し、生きた人の言葉(こころを温めるぽかぽかの言葉)がいっぱい溢れる環境に、居る生活を保障していきたい。

「かわいくば、二つ叱って三つ褒め、五つ教えて、よき人ねせよ。」 名言集1より

 

 貴重な研修時間をいただいたことを肝に銘じ子どもたちが生き生きとなる、言葉の研修(職員の資質向上)にしっかり励んでまいりたいとおもいますので、益々の皆様のご理解とご協力をお願い致します。

大立寺幼稚園

ひよこクラブのこいのぼり舞う

2010/05/14

13日の、ひよこクラブの様子

「近所にママ友がいなくて・・・」と、友達づくりにみえたかた。             

初めての参加と言うママ達も、直ぐに意気投合。

そして出来たのが、突然園庭に現れた大鯉に、園児たちは大歓声!!

「誰が作ったと~」 「すごいね~」 風に靡く大鯉の、しっぽを追ってジャンプ合戦!!
小林一茶の一句が、浮かびました。
ひよこクラブの担当は、昨日の活動の様子をみて、「ママが一生懸命になる方と、子どもの活動を見守る方がいてそれぞれの親子の関わりや、個性が拝見出来ました。特に子どもの活動を見守ることの出来るママの素晴らしさを感じました。と事後談です。
乳児さん親子は、手形ぺったんこをしました。

 

次回は、25日(火) 園庭解放 雨天中止  
お友達を御誘いの上 またお友達作りにもおこし下さい。