洗心学園絵日記

追悼式・防災訓練を行いました。

2020/02/07

 

2月5日は、当園の「防災の日」です。避難訓練の前に「あの日あの時」二年前の自衛隊機墜落事故に、思いを馳せながら2名の隊員の方を悼み、子どもたちと共に追弔会を行いました。

ホールサンガにて、二人の隊員の方は勿論、残されたご家族の方々を想い、みんなで心を込めてお勤めをさせていただきました。

副園長先生は、あの日あの時、私たちを守ってくれた人がいる。そんな気がする。何気なく生活しているけれども、全ての事が当たり前ではなく、有難いこと(ある事難し)なのだということを子どもたちに分かるようにお話いただきました。続けて、「防災の日」子どもたちの命を守る使命を与えられている責任と、訓練を続けていくことの大切さを、職員にも伝えられました

神埼市防災管理課より避難勧告が発令と想定し、防災訓練(水害)の始まりです。

2階ホールへ子ども達と一緒に避難しました。

未満児さんは階段を登るのも一大事!!

保護者様へ一斉メールを送り、お迎えをお願いしました。

子どもたちは、みんな一斉にお迎えだったことが、一番嬉しかった模様💛です。

災害がないことが一番ですが、”備えあれば患いなし!!” みんなで防災力・意識を高めていきましょう。

 

保護者の皆様方には、迅速な防災訓練(引き渡し訓練)のご協力を頂きました。

「これからも子どもたちの安心安全のために続けて欲しい。」のお声をたくさん頂きました。

園では、万が一に備え、今後も子どもの命を最優先に考え対応できるように、研修訓練を重ねていきたいと思います。

今後とも、保護者の皆様はじめ関係機関、地域の皆様のご協力を賜りたいと思います。宜しくお願い致します。